SUGITETSU EXPRESS

CD:KICC-1017
発売・販売元 キングレコード
¥2,500(税込)
2012.10.24.発売
試聴はこちら


01 J.シュトラウスⅡ「観光列車」変奏曲「汽笛の軌跡」
02 朝明け travelog
03 浪漫鉄道 ~Seven Stars に捧ぐ~
04 かぎろひ
05 夢と想い出のミュージアム
06 HOKUSO-POLKA
07 八十八
08 A BRIDE OF SETO ~瀬戸の花嫁~
09 養老鉄道百景
10 YES! I CAN...
11 ミュージックホーン協奏曲 ~ 亡き名鉄7000系のためのパヴァーヌ(弦楽編)
12 チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」変奏曲「夢の超特急コンチェルト 」
13 OVERNIGHT EXPRESS
14 山手線上のアリア・車掌 vs 自動放送編
feat. 野月貴弘(SUPER BELL"Z) & 安住紳一郎
15 パッヘル(発車)ベルのカンサイ・車掌 vs 乗客編
feat. 礼二(中川家)& 久本雅美
16 0系新幹線 汽笛

楽曲解説

J.シュトラウスII「観光列車」変奏曲「汽笛の軌跡」

feat. C56 44・C11 227(大井川鐵道)0系・100系・300系新幹線(リニア・鉄道館)100形・ 150形路面電車(広島電鉄)

産業革命の時代のウィーンにて、遊覧鉄道開通式のために作曲された軽快なポルカを大胆な解釈で編曲しました。原曲ではホルンなど で汽笛の音が表現されていますが、ここでは各鉄道会社の協力のもと、自ら各地で収録を行い、歴史に残る名車の数々が汽笛・警笛・ 合図音という「楽器」を奏でる「音楽家」としてオーケストラに参加するという、史上初の試みをしています。 サロ165(リニア・鉄道館)のオルゴールを合図にスタート、大井川鐵道の現役SL、C56 44の勇壮な汽笛と走行音のリズムに合わせ、 ヴァイオリンが軽快な旋律を奏でます。 さらに夢の超特急・0系新幹線(リニア・鉄道館)によるファンファーレに呼応するように、スピード感溢れる展開部へ。減速後は市電 の出番となり、100形路面電車(広島電鉄)の愛らしい合図音がオーケストラとコラボします。メインテーマに戻るとC11 227(大井 川鐵道)の少しカン高い汽笛の音で再出発、今度は100系新幹線(リニア・鉄道館)のファンファーレにバトンタッチし、最後は300 系新幹線(リニア・鉄道館)、被爆後も走り続け人々に勇気を与えた150形路面電車(広島電鉄)も交えた壮大なフィナーレへ。 昭和を駆け抜けた名車達からのメッセージを感じ取りながら聴いて下さい!

朝明け travelog

FM-NACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」オープニングテーマ曲

2011年10月にスタートしたFM-NACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」(毎週日曜朝6時~)の1周年を記念した作品です。 鉄道の聖地、大宮から発信される日本で唯一のFM局による鉄道番組は、日本民間放送連盟の平成24年「連盟賞ラジオエンタテイメン ト部門」全国大会にて優秀賞を受賞させていただきました。 盟友SIBERIAN NEWSPAPERより、2nd Violinに土屋雄作くん、Guitarに真鍋貴之くんを迎えた爽やかなボサノヴァ風サウンドに仕上 がっています。 日曜の早朝、都会の駅の喧噪から踏み出した鉄道音楽紀行をお楽しみ下さい!

浪漫鉄道 ~Seven Stars に捧ぐ~

JR九州 社歌

2013年10月より運行予定の話題のクルーズトレイン、「ななつ星 in 九州」へのオマージュを込めた作品です。 「かもめ」「ソニック」などの終着駅到着時に流れるJR九州社歌をカヴァー、車内での演奏をイメージしながらアレンジしました。 車両のジョイント音を、ちょっと懐かしめのACID JAZZテイストなリズムにまぶした、スギテツ流ラウンジ・ミュージックです。

かぎろひ

クラブツーリズム団体専用列車「かぎろひ号」イメージ曲

2011年12月にデビュー、近鉄の特急車両を改造したクラブツーリズム専用列車「かぎろひ」15400系は、旅行会社が年間を通して使 用する国内初の団体列車です。
デビュー前の試乗会にて車内デモ演奏をしたことから、このコラボレーションに繋がりました。 古都京都・奈良、大和路や伊勢志摩を訪ねる旅に誘う、神秘的なイメージを楽曲に取り入れました。

夢と想い出のミュージアム

リニア・鉄道館 CM音楽

2012年2月よりOAされている、「リニア・鉄道館」CM音楽のフルバージョンです。 2011年7月に、0系新幹線を背に演奏した、オープン以来初となるコンサートイベントがご縁で、CM音楽を担当することになりました。 タイトル通り、鉄道への「夢と想い出」が詰め込まれたメロディアスなオーケストラ作品です。

HOKUSO-POLKA

北総鉄道 40周年記念イメージ曲

ゲンコツ電車でも知られる北総鉄道は、羽田~成田空港を結ぶスカイアクセスの中継地点でもあり、ニュータウンを快走する近未来的 なイメージがあります。 2012年5月に開催された「創立40周年記念北総鉄道沿線音楽会」出演を機としたコラボレーションで、矢切駅ではこの曲を始めとする スギテツサウンドが常時流れています。 鉄道マニア作曲家の元祖・ドヴォルザークの弦楽四重奏「アメリカ」、スティーヴ・ライヒ「different train」、クラフトワーク「ヨ ーロッパ特急」にインスパイアを受けた作品で、鉄道擬音巧者のヴァイオリンにより、北総線を走るさまざまな車両のモーター音(ド レミファインバータも)を表現しています。

八十八

Nippon Archives「四国遍路」サウンドトラック

長い年月をかけて培われた日本の文化や美しい風景を記録し世界中の人々へ配信する事業、日本アーカイブス。 担当させていただいた「四国遍路」のサウンドトラックをレコーディングし直して、アルバムに収録しました。 ヴァイオリンによる笙のような音色から始まる、お遍路をイメージした絵画的作品です。

A BRIDE OF SETO ~瀬戸の花嫁~

四国鉄道文化館 イメージ曲

2011年8月にOAされたNHK-FM「今日は1日 "鉄道" 三昧リターンズ」(NHK高松局)ゲスト出演時に、四国鉄道文化館館長からイ メージ曲制作の依頼をされ、その場で即興演奏した曲の作品化です。 予讃線などで接近メロディとしておなじみの「瀬戸の花嫁」に、JR四国の特急車両のチャイム音のモチーフをまぶし、のんびりとした 瀬戸内海のイメージでアレンジをしました。

養老鉄道百景

養老鉄道 5周年記念イメージ曲

近鉄揖斐・養老線から子会社として独立した鉄道で、岐阜県と三重県を結び、兎のように走ることからつけられた「ラビットカー」も 行き交うのどかな路線です。 2008年2月に開催された「乗って残そう揖斐養老線コンサート」への出演がきっかけとなり、沿線の写真や絵画のコンテスト名が曲名 となるコラボが実現しました。 2017年に「養老」改元1300年を迎える養老町、そして祖母が住む神戸町もその沿線で、夏休みはよくこの電車に乗って遊びに行って いました。そんな想いも込めたノスタルジックな小品で、冒頭に入っている走行音も沿線での収録です。

YES! I CAN...

愛知環状鉄道 25周年記念イメージ曲

東海道線と中央線に乗り入れて輪を描くように愛知県を環状する第三セクター方式の鉄道会社で、2005年の万博の時は観光客の足とし て重要な役割を担った路線です。 2013年1月の開業25周年記念コンサートへの出演を機としたコラボレーションで、万博のワクワク感溢れるカートゥーンサウンドに仕 上げました。 軽快なカントリータッチのヴァイオリンを軸に、岡崎城の徳川家康=ほら貝、トヨタのお膝元=車のクラクション、そして愛環2000 系の警笛も見え隠れしています。

ミュージックホーン協奏曲~亡き名鉄7000系のためのパヴァーヌ(弦楽編)

feat. 名鉄特急 1700系 at 中部国際空港駅(2012.7.7.)

2012年7月、名鉄特急のミュージックホーンとヴァイオリンとピアノが共演するという初の試みが、中部国際空港駅ホームにて開催さ れました。 そのライブ収録を序章に、そのメロディと「亡き王女のためのパヴァーヌ」をマッシュアップした作品を弦楽リアレンジし、7000系パ ノラマカーへのオマージュを込めて演奏をしました。

チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」変奏曲「夢の超特急コンチェルト」

~新幹線先頭部の打ち出し板金による"匠"の技術で作られた金属製ヴァイオリンによる初レコーディング作品~

歴代新幹線の流線形の先頭構体(顔にあたる部分)は、打ち出し板金と呼ばれる職人の手仕事の技で作られています。 山口県で車両の製造をしている日立製作所の協力会社、山下工業所に在籍の「現代の名工」藤井洋征さんが、技能継承者を募るべく、 匠の技のPRのために作った金属製ヴァイオリンによる初のレコーディングが実現しました。 2012年3月にOAされた山口放送のラジオ番組での試奏がきっかけとなり、イズタバイオリンの協力による楽器調整を経て、その金属 的な響きを生かし独自の演奏法を駆使して録音された作品です。 懐かしの新幹線車内チャイムのモチーフとどこか似ている第3楽章の主題の融合、金属ヴァイオリンならではの響きで再現された通過 音、警笛...。この作品を通し、世界に誇る「日本の匠」の思いが音楽となって蘇ります!

OVERNIGHT EXPRESS

絶滅危惧種となってしまっている「寝台急行」。
ラストランの少し前、「きたぐに」に乗った時の車窓をイメージして作ったピアノ小品です。

~EXTRA TRACKS~
山手線上のアリア・車掌 vs 自動放送編

feat. 野月貴弘(SUPER BELL"Z) & 安住紳一郎

山手線29駅の発車メロディを「G線上のアリア」とマッシュアップした「電クラ」シリーズから引き継がれ続けている作品。 今回は、音鉄の元祖・車掌DJ野月貴弘氏を大フィーチャー。自動放送の安住アナは、TBSラジオの名物番組への度重なるゲスト出演か らのご縁で実現しました。

パッヘル(発車)ベルのカンサイ・車掌 vs 乗客編

feat. 礼二(中川家)&久本雅美

「電クラ3」収録の、関西圏の駅・車内メロディをカノンと融合させた作品。 今回は礼二さんの車掌に加え、長年にわたり音楽制作を担当させてもらっているワハハ本舗より、久本雅美さんに「大阪のオバチャン」 として各線にご乗車いただきました。

0系新幹線 汽笛
(リニア・鉄道館収録)